高商品性リンゴ等品種の育成と省力生産技術の開発

高商品性リンゴ等品種の育成と省力生産技術の開発

課題番号2014025554
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題②果樹・茶の持続的高品質安定生産技術の開発
大課題高商品性リンゴ等品種の育成と省力生産技術の開発
中課題高商品性リンゴ等品種の育成と省力生産技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(4) 園芸作物の高収益安定生産システムの開発 
摘要着色性、病害抵抗性等が優れ、良食味の育成に関しては、
a) 5系統について特性と地域適応性を把握するため、全国での試作試験を行った。
b) カラムナータイプの良食味系統である「盛岡74号」など3系統をリンゴ第6回系統適応性検定試験追加供試系統として選抜した。
c) 高着色性、カラムナー性、黒星病抵抗性等の品種を育成するため、30組合せの交雑により613の交雑果を獲得した。また、果皮色、カラムナー性等に関するDNAマーカーを用い、前年度に獲得した2,519個体から1,107個体を幼苗選抜した。さらに、交雑実生1,296個体から良食味の6個体を一次選抜した。
d) リンゴのカラムナータイプを支配する遺伝子Coが座乗する領域に特異的なDNAマーカーを用いることで、カラムナータイプ個体を迅速かつ正確に選抜できることを示した。
e) リンゴの自家和合性を支配する花粉側S遺伝子候補であるF-box遺伝子が少なくとも11タイプ存在することを明らかにした。
f) 挿し木発根性が良好で根頭がんしゅ病に抵抗性を示す台木を7個体一次選抜した。
g) リンゴ台木のわい化性を支配するQTLの一つであるDw1について、わい性台木「M.9」の後代の台木群における遺伝子型とわい化性の関連性を検討し、Dw1がわい化性の発現に必須であることを明らかにした。
リンゴの着色・着果管理等の省力・軽労化を図るための摘葉技術等の要素技術の開発に関しては、
a) リンゴ果皮の着色能力評価システムを確立し、高着色品種の「あかね」と「秋映」では、高温下でも収穫期におけるアントシアニン蓄積能力が高いことを明らかにした。
b) 効果的な摘葉剤利用技術を開発するため、果実の糖度を下げずに着色を向上させるには、葉摘み後の樹全体の葉果比を60程度とすることが有効であることを明らかにした。
c) 「ふじ」及び「つがる」では、摘花剤と摘果剤を併用することにより、摘果に要する作業時間を人手のみの場合に比べて2割以上削減しつつ果実重をより大きくすることができることを明らかにした。
d) リンゴの自家摘果性品種は、通常の摘果期間内で、主要な栽培品種より40%広い面積を摘果できることを明らかにした。
e) 花成を抑制するMdTFL1遺伝子を抑制するサイレンシングベクターを構築してリンゴに導入し、花成・開花促進個体を作出した。
f) 「つがる」由来のアントシアニジン合成酵素遺伝子ANSのプロモーターにGUS遺伝子(β-グルクロニダーゼ遺伝子:プロモーターの活性測定に利用)を連結し、これを導入した形質転換体を継代した。さらに本形質転換体を用い、照度を2,000luxから6,000luxに上げるとアントシアニンは形成されるがANS遺伝子のプロモーターの活性は上昇しないことを明らかにした。
このほか、
a) ブルーベリーについて、一次選抜した3系統のうち、2系統は耐寒性が比較的高く、果実品質も良好であったが、残りの1系統は寒風害による花芽の枯死が著しく、耐寒性が劣ることを明らかにした。
b) ブルーベリーの良食味品種「あまつぶ星」の耐寒性等を向上させるため、6組合せの交雑を行い合計121の交雑果を獲得した。
c) ブルーベリーの交雑実生153個体の果実特性を調査して、果実品質の良好な1個体を注目個体として選抜した。
d) セイヨウナシの第2回系統適応性検定試験に供試する3系統を圃場に定植した。
e) セイヨウナシについて、大果で高品質な品種の育成を目的に6組合せの交雑を行い、合計1,309の交雑種子を獲得した。また、前年度に獲得した交雑種子から交雑実生218個体を得た。
研究分担阿部和幸
伊藤祐司
協力分担関係生物研
宮城県農業・園芸総合研究所
弘前大
岩手農研
予算区分技会交付金研究 SIP(次世代農林水産業) 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム] 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用] 委託プロ[国際連携による気候変動プロ] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 農林水産業の革新的技術緊急展開事業 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages
(2)Two Novel Self-compatible S Haplotypes in Peach (Prunus persica)
(3)セイヨウナシにおける赤色の遺伝と育種的利用
(4)Expression analyses of DORMANCY-ASSOCIATED MADS-BOX (DAM)-like genes in apple (Malus × domestica Borkh.)
(5)Efficiency of Hand-thinning in apple cultivars with varying degrees of fruit abscission
(6)Breeding depression of red flesh apple progenies containing both functional MdMYB10 and MYB110a_JP genes
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217105
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat