生物機能等を活用した病害防除技術の開発とその体系化

生物機能等を活用した病害防除技術の開発とその体系化

課題番号2014025563
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題②生物機能等の農薬代替技術を組み込んだ環境保全型病害虫・雑草防除技術の開発と体系化
大課題生物機能等を活用した病害防除技術の開発とその体系化
中課題生物機能等を活用した病害防除技術の開発とその体系化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要病原体汚染程度を判定するシステム開発に関しては、
a) 開発した汚染程度評価法を用いて国内各地より収集したジャガイモモップトップウイルス陽性土壌試料39点の発病リスクを検定したところ、土壌のウイルス汚染程度に比例して高リスクが7点、低リスクが7点、極低リスクが25点に分けられた。これにより、本評価法の有効性が確認された。
b) 土壌中のコムギ縞萎縮ウイルス濃度を測定するための検出法として、砂耕栽培のコムギを指標植物として用い、イムノキャプチャー(IC)-RT-PCR法でコムギ縞萎縮ウイルスを検出する方法を確立するとともに、ウイルスの病原性示すゲノム配列の存在を明らかにした。抵抗性誘導剤と拮抗微生物を併用することで、媒介微生物の感染抑制効果も確認した。
c) 開発した植物ウイルス媒介菌オルピディウムの汚染程度判定法を用いて、現地圃場で主要3種オルピディウム菌の定量を行ったところ、オルピディウム菌量と媒介されるウイルス病発病程度には相関は認められず、病原ウイルスと媒介菌の量的関係も把握する必要があることが分かった。
病原体による被害リスク評価法の開発に関しては、
d) 植物体上での反応と整合性があるチャ輪斑病菌のストロビルリン系殺菌剤(QoI剤)耐性識別法(煮沸チャ葉法)を確立した。それを高精度化するためにステロール脱メチル化阻害剤(DMI剤)の一種であるフェンブコナゾールを用いると、チャ輪斑病菌の生育に影響を及ぼすことなく雑菌が抑制され、QoI剤耐性菌の検出効率が上がることを認めた。
e) 葉かび病菌のDMI剤耐性を識別するPDA培地検定法の識別結果は、ベンゾイミダゾール系、トリホリンを除くDMI剤に対して植物体上での反応と一致することを確認した。また、葉かび病菌の簡易レース評価法を開発するために必要な全ての非病原性遺伝子配列を明らかにした。
農薬代替技術の開発に関しては、
a) 開発したタバコマイルドグリーンモザイクウイルス弱毒候補株1、3及び4を接種した伏見甘長とうがらしを汚染圃場に定植して慣行栽培に従って栽培したところ、弱毒株3及び4は無病徴であった。ホオズキでは弱毒株1及び4が無病徴で生育阻害もなかったことから、弱毒株4がワクチンとして最も有望と判断した。
b) ジャガイモシストセンチュウのふ化促進物質製剤として合成した世界初のソラノエクレピンAは、現地圃場への散布により処理後2か月で被害許容水準以下までジャガイモシストセンチュウ密度を低減させることを確認した。また、ジャガイモシストセンチュウ密度を低減させるナス科対抗植物を利用した耕種的防除法を開発した。
c) 簡易線虫モニタリング手法として、線虫群集中に存在するネグサレセンチュウ類とネコブセンチュウ類を識別する検定法を開発した。また、低密度でもジャガイモシストセンチュウを検出できる手法、土壌中の密度や抵抗性打破を判定できるダイズシストセンチュウ検定法も開発した。
生物媒介性病害対策に関しては、
a) 虫媒性欠損トマト黄化えそウイルス株を接種した植物は、ミカンキイロアザミウマを誘引し、健全植物へのウイルス伝染速度を遅らせることを明らかにした。生物間相互作用を担う因子として、植物ホルモンのサリチル酸やトマト揮発成分のカリオフィレンを確認した。
b) 果樹病害を制御する生物防除法については、野外試験において、マイコウイルスを保有する和合性菌を処理することにより白紋羽病の発病が抑制されることを検証した。同様に、マイコウイルス保有菌の接種によるリンゴ腐らん病の病斑伸展抑制効果を検証した。
臭化メチル代替技術の開発に関しては、
a) トマト生産圃場において、高接ぎ木等の新規接ぎ木栽培は慣行接ぎ木栽培と比較して青枯病に高い防除効果を示すこと、果実収量や品質等の栽培特性に差がないことを明らかにした。また、スキムミルク溶液での抽出と抗生物質を含むバッファーによる増菌等を組み合わせる土壌からの青枯病菌の効率的な検出・定量法を開発した。
b) 有機質肥料活用型養液栽培法では、人畜病原菌(サルモネラ)が水耕に混入しても3日間で検出限界以下になり、安全性が高いことを確認した。本法のプロトタイプの紹介マニュアルを公開した。
c) ナシ白紋羽病温水治療技術の治療効果については、温水治療技術の効果を増強できる拮抗菌を微生物資材として調整する方法を開発した。また室内実験で、その微生物資材と温水処理とを組み合わせることで白紋羽病菌の発病を1/3~1/4に抑制することを確認した。
d) 臭化メチル代替技術については、トウガラシマイルドモットルウイルス弱毒株(L3-163株)と生分解性ポットによる根圏保護定植技術を組み合わせる場合、早期定植を行うことで慣行定植の無処理と同等の収量が確保できることを示した。
研究分担津田新哉
奈良部孝
伊藤伝
中畝良二
協力分担関係理研BRC
和歌山県うめ研究所
ワーゲニンゲン大
愛知県農業総合試験場
静岡県農林技術研究所果樹研究センター
岡山県農林水産総合センター農業研究所
静岡大学創造科学技術
クミアイ化学
岐阜県西濃農林事務所
大分県農林水産研究センター花き研究所
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 SIP(次世代農林水産業) 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム] 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 技会・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 その他
業績(1)Simultaneous detection and discrimination of Pratylenchus and Meloidogyne species in Japanese fields using group-specific primers and denaturing gradient gel electrophoresis
(2)キサンオリゴ糖のトマト疫病に対する発病抑制効果
(3)ナス台木トマトにおけるトマト黄化葉巻ウイルス感染の影響の調査
(4)北海道におけるトマト青枯病に対する深耕土壌還元消毒と高接ぎ木の組み合わせ処理の防除効果
(5)Detection of apple latent spherical virus in seeds and seedlings from infected apple trees by reverse transcription quantitative PCR and deep sequencing: evidence for lack of transmission of the virus to most progeny seedlings
(6)Host ranges of Potato spindle tuber viroid, Tomato chlorotic dwarf viroid, Tomato apical stunt viroid, and Columnea latent viroid in horticultural plants
(7)カンキツかいよう病に対する非病原性Xanthomonas属細菌の防除効果
(8)甘長ピーマンの害虫アザミウマに対するアカメガシワクダアザミウマとヒメハナカメムシ類による防除
(9)縞萎縮病抵抗性「強」コムギ品種「ゆめちから」と感受性品種「ホクシン」に感染したコムギ縞萎縮ウイルスの配列の比較
(10)煮沸チャ葉を用いたチャ輪斑病菌のQoI剤感受性簡易検定法
(11)促進酸化技術によるトウガラシマイルドモットルウイルスの不活化条件について
(12)Alternara alternata (Fries) Keisslerによるキュウリ黒斑病の発生と本病に対する各種殺菌剤の防除効果
(13)Functional analysis of a melanin biosynthetic gene using RNAi-mediated gene silencing in Rosellinia necatrix
(14)圃場におけるハクサイ黄化病発生程度とPCR-DGGE法に基づく土壌微生物相の関係
(15)A novel single-stranded RNA virus isolated from a phytopathogenic filamentous fungus, Rosellinia necatrix, with similarity to hypo-like viruses
(16)Distribution of Potato spindle tuber viroid in reproductive organs of petunia during its developmental stages
(17)Effect of Corn Steep Liquor on Lettuce Root Rot (Fusarium oxysporum f.sp. lactucae) in Hydroponic Cultures.
(18)Systemic RNA interference is not triggered by the locally induced RNA interference in a plant pathogenic fungus, Rosellinia necatrix_x000D_
(19)群馬県のハクサイ黄化病発生圃場におけるキタネグサレセンチュウの確認と黄化病発病助長
(20)非病原性Xanthomonas属細菌を用いたブロッコリー黒腐病の生物防除
(21)Fungi isolated from spoiled bean sprouts in Japan
(22)コムギ縞萎縮ウイルス媒介者Polymyxa graminisの感染を抑制する根圏細菌の選抜
(23)水耕栽培養液中の植物病原細菌に対する二酸化塩素の殺菌・静菌作用
(24)有機質肥料活用型養液栽培システム
(25)「渾沌(カオス)」の制御法…複合培養系を制御するコツ
(26)Crop rotation with broccoli suppresses Verticillium wilt of eggplant
(27)First report of broccoli foot rot caused by Rhizoctonia solani AG-2-2 IV and pathogenicity comparison of the pathogen with related pathogens
(28)Sensitive quantitative detection of Ralstonia solanacearum in soil by the most probable number?polymerase chain reaction (MPN-PCR) method
(29)The rhizosphere microbial community in a multiple parallel mineralization system suppresses the pathogenic fungus Fusarium oxysporum.
(30)オクラの栽培中に発生した灰色かび病と菌核病(新称)
(31)秋田県の生食用ブドウにおけるつる割細菌病の発生
(32)ナス科対抗植物の短期間栽培によるジャガイモシストセンチュウ密度低減
(33)日本国内への侵入警戒を要するポスピウイロイドの宿主範囲
(34)Disease resistance against anthracnose induced in cucumber leaves treated using yeast extract
(35)TYLCV検定のための黄色粘着板に補足されたタバココナジラミ成虫からの簡易凍結DNA抽出
(36)北海道におけるトマト青枯病発生圃場の汚染程度と異なる温度および菌密度での高接ぎ木栽培の発病抑制効果
(37)A fluorescence microscopic study of the infection process of Discula theae-sinensis in tea
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217114
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat