侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化

侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化

課題番号2014025567
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題②生物機能等の農薬代替技術を組み込んだ環境保全型病害虫・雑草防除技術の開発と体系化
大課題侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化
中課題侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要国内未侵入病害虫の経済的影響評価方法に関しては、国内未発生病害虫の経済的被害に基づく危険度評価モデルの基本モデルを構築し、鹿児島県指宿市におけるイモゾウムシの根絶事業を事例として、費用便益分析を取り入れた経済的被害評価手法の検証を行い、必要とされる情報を明らかにした。
侵入防止に実効性のある診断技術の開発に関しては、国内未発生病害であるトウモロコシ萎凋細菌病について、虫媒性病害の基本再生産数モデルにもとづき、定着の可能性に関係する因子を推定した結果、罹病植物よりも媒介虫の侵入及び定着の防止が、本病害の侵入・定着防止に効果的であると示唆した。
再興病害であるイネ縞葉枯病に関しては、イネ縞葉枯病による収量被害は、媒介虫の動態により時空間的に拡大し、媒介虫の動態に応じ第2世代幼虫による空間的拡散を防除することの効果が大きいこと、経済的に被害に見合ったコストで軽減できることを現地試験において明らかにした。
新興害虫である斑点米カメムシ類に関しては、カスミカメムシ2種の水田への侵入量に影響する大規模発生源と斑点米被害の関係を定量的に評価し、斑点米リスク要因としてアカスジカスミカメ雄成虫の誘殺数と半径300m以内の牧草地面積、地域、調査年が重要であることを明らかにした。
カンキツグリーニング病に関しては、新規侵入地域における撲滅策及び分布域縮小策を策定するために、各種寄主植物上における媒介虫ミカンキジラミの卵及び幼虫の発育期間を明らかにし、発生時期を推定するためのパラメーターを明らかにした。
研究分担大藤泰雄
中畝良二
協力分担関係横浜植物防疫所
茨城県農業総合センター
岩手県病害虫防除所
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 SIP(次世代農林水産業) 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 技会・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 文科省[科研費]
業績(1)Detection of Pantoea stewartii from sweet corn leaves by loop-mediated isothermal amplification (LAMP)
(2)Effects of alkaloids from fungal endophytes in grass?Epichlo? associations on survival of the sorghum plant bug (Stenotus rubrovittatus)
(3)Genetic and serological characterization of chrysanthemum stem necrosis virus, a member of the genus Tospovirus
(4)イムノクロマト診断キットによる温州萎縮ウイルスの周年検定.
(5)Stvb-i 遺伝子保有イネ縞葉枯病抵抗性品種におけるイネ縞葉枯ウイルスの感染
(6)Analysis of the Genetic Population Structure of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) with Mitochondrial DNA Markers in Saga and Yamaguchi prefectures, Japan
(7)Population dynamics of iris yellow spot virus in onion fields and lisianthus greenhouses in Japan
(8)Sex-specific effects of natural and sexual selection in the evolution of life span and ageing in Drosophila simulans
(9)Natural Satsuma Dwarf Virus Infection of Two Woody Plants, Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz. and Viburnum odoratissimum Ker-Gaul. var. awabuki (K. Koch) Zabel near Citrus Fields
(10)ミカンキジラミDiaphorina citri 成虫(半翅目:キジラミ科)の定位に対するカラー粘着トラップおよび反射資材の影響
(11)簡易ELISA法によるイネ縞葉枯ウイルス保毒虫検定における虫検体処理の簡便化
(12)Ecological conditions favoring budding in colonial organisms under environmental disturbance
(13)Unique features of Japanese ‘Candidatus Liberibacter asiaticus’ strain revealed by whole genome sequencing
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217118
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat