ウイルス感染症の発症機構の解明と防除技術の確立

ウイルス感染症の発症機構の解明と防除技術の確立

課題番号2014025575
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
大課題家畜重要感染症の防除技術の開発
中課題ウイルス感染症の発症機構の解明と防除技術の確立
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
摘要 より特異性が高く現場で簡便に診断できる手法の開発に関しては、a) 下痢原因ウイルスの高感度診断法の開発で平成25~26年にかけて国内で大規模流行した豚流行性下痢(PED)ウイルスの遺伝学的性状及び病原性を明らかにした。また、本ウイルスの流行に付随する下痢症から新たに豚デルタコロナウイルスを検出し、迅速かつ高感度な検査法を確立した。
 病原体の伝播・存続様式の解明に基づく感染環の遮断方法に開発に関しては、a) 地方病性牛白血病の発症バイオマーカーの探索に関しては、p53タンパク質、血清乳酸脱水素酵素、TNF-α受容体及びmiRNAを発症バイオマーカー候補として選出し、地方病性牛白血病発症牛と非発症牛の間で比較解析した結果、血清乳酸脱水素酵素アイソザイムが有用であることを示した。b)ベトナムで分離された豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルス高病原性株を用いた妊娠豚感染実験によって、高率に流産や早産を再現することに成功し、胎子感染が成立することを証明した。また、北米型標準株(EDRD1株)による免疫が感染阻止に有効であることを明らかにした。
研究分担川嶌健司
協力分担関係宇都宮大学
ライフテクノロジーズジャパン株式会社
大阪府立大学
岩手大学
筑波大学
熊本県食肉衛生検査所
茨城県県西食肉衛生検査所
農林水産先端技術研究所
農業生物資源研究所
日本ハム株式会社
予算区分技会交付金研究 攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム] 委託プロ[食の安全・動物衛生プロ] 技会・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 文科省[科研費] 厚労省競争的資金 その他
業績(1)Complete Genome Sequence of Bovine Viral Diarrhea Virus 2 Japanese Reference and Vaccine Strain KZ-91CP
(2)Concise and Broadly Applicable Method for Determining the Genomic Sequences of_x000D_
North-American?Type Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome Viruses in_x000D_
Various Clusters

(3)Phylogenetic Analysis of Fowl Adenoviruses Isolated from Chickens with Gizzard Erosion in Japan
(4)Phylogenetic analysis of avian paramyxovirus serotype-1 in pigeons in Japan
(5)Phylogenetic characterization of VP6 gene (inner capsid) of porcine rotavirus C collected in Japan
(6)下痢の子豚にみられた回腸粘膜上皮細胞に付着するセグメント細菌
(7)死亡率増加がみられたブロイラーにおける全身性アミロイド症の病理組織学的変化
(8)Application of a SYBR? Green One Step Real-time RT-PCR Assay to Detect Type 1 Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome Virus
(9)Genetic diversity of feline morbilliviruses isolated in Japan.
(10)Analysis of genetic divergence among strains of porcine rotavirus C, with focus on VP4 and VP7 genotypes in Japan
(11)Characterization of a genetic and antigenic variant of avian paramyxovirus 6 isolated from a migratory wild bird, the red-necked stint (Calidris ruficollis).
(12)Complete genome sequence of the first isolate of genotype C bovine parainfluenza virus type 3 in Japan
(13)Surveillance of avian paramyxovirus serotype-1 in migratory waterfowls in Japan between 2011 and 2013.
(14)First isolation of border disease virus inJapan is from a pig farm with no ruminants
(15)Infection of the upper respiratory tract of hamsters by the bovine parainfluenza virus type 3 BN-1 strain expressing enhanced green fluorescent protein
(16)Mortierella wolfii感染による新生子牛の壊死性小脳
(17)豚流行性下痢(PED)の病性と対策
(18)Calcinosis circumscripta in a captive African cheetah (Acinonyx jubatus)
(19)Experimental inoculation of equine coronavirus into Japanese draft horses
(20)VP6 genetic diversity, reassortment, intragenic recombination ans classification of rotavirus B in American and Japanese pigs
(21)Surveillance of diarrhea-causing pathogens in dairy and beff cows in Yamagata Prefecture, Japan from 2002 to 2011
(22)特発性肺線維症が疑われたコアラの1例
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217126
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat