国際重要伝染病の監視技術の高度化と蔓延防止技術の開発・評価

国際重要伝染病の監視技術の高度化と蔓延防止技術の開発・評価

課題番号2014025577
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
大課題家畜重要感染症の防除技術の開発
中課題国際重要伝染病の監視技術の高度化と蔓延防止技術の開発・評価
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(7) 家畜重要疾病、人獣共通感染症等の防除のための技術の開発
摘要 より特異性が高く現場で簡便に診断できる手法の開発に関しては、口蹄疫ウイルス(FMDV)抗原を検出する簡易診断法の開発では、モノクローナル抗体(MAb)を用いたイムノクロマト(IC)ストリップを作製した。これはFMDV16株中SAT以外の血清型別が可能であった。また、RT-PCR陽性検体からの抗原検出率は豚と牛で、それぞれ100%と70%を示した。
病原体の伝播・存続様式の解明に基づく遮断方法の開発に関しては、ペスチウイルス(CSFV GPE-株、BVDV-1 Nose株、BVDV-2 KZ-91CP株及びボーダー病ウイルス FNK2012株)の組換えE2タンパクの作出を試み、このうちBVDV-1の抗原性を保持した組換え体を得た。
 効果的なワクチンや薬剤の開発に関しては、a)口蹄疫ウイルスO/JPN/2010株の異種動物間(ホルスタイン牛-豚)における水平伝播解析を行い、ウイルス接種牛から同居牛への水平伝播は容易に起きるが、同居豚への水平伝播には牛-牛間に比べ、より多くのウイルス量が必要であることを明らかにした。b)口蹄疫ウイルス高感受性細胞を用いて平成22年の口蹄疫発生時の材料124例からウイルスを分離した。このうち49症例から分離されたウイルスの全ゲノム塩基配列を決定し、比較した結果、99.5%以上の相同性が認められたが、変異に関する時系列及び動物種との相関は認められなかった。
研究分担山川睦
協力分担関係日本ハム株式会社
富士フイルム株式会社
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ[食の安全・動物衛生プロ] 文科省[科研費]
業績(1)Dose-dependent responses of pigs infected with the foot-and-mouth disease virus O/JPN/2010 by intranasal and intraoral routes
(2)Experimental infection of cattle and goats with a foot-and-mouth disease virus isolate from the 2010 epidemic in Japan
(3)Evaluation of Monoclonal Antibody-Based Sandwich Direct ELISA (MSD-ELISA) for Antigen Detection of Foot-and-Mouth Disease Virus Using Clinical Samples
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217128
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat