高付加価値を有する資源作物品種の育成と新規作物の評価・活用

高付加価値を有する資源作物品種の育成と新規作物の評価・活用

課題番号2014025610
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題(2) ブランド化に向けた高品質な農産物・食品の開発
大課題高付加価値を有する資源作物品種の育成と新規作物の評価・活用
中課題高付加価値を有する資源作物品種の育成と新規作物の評価・活用
大項目新需要創出のための研究開発
中項目(2) ブランド化に向けた高品質な農産物・食品の開発
摘要ソバの品種育成に関しては、
a)「北海14号」は、「レラノカオリ」並の収量で容積重がやや重く、ルチン含量が高い特性を明らかにし、平成27年度に品種登録出願を行うこととした。
b) 難脱粒系統「芽系35号(旧GF4)」は、コンバイン収穫試験で自然脱粒が少ないことを明らかとし、継続試験をすることとした。
c) 春まき用、夏まき用では、寒冷地向けそば「東北3号」は、春まきで多収、夏まきで早生であり有望と判断した。また、暖地向けの春まき用「九州7号」は穂発芽が少なく、成熟期も早いことから春まき栽培エリアの拡大が可能な系統と判断した。
ナタネの品種育成に関しては、
a) 「東北99号」は、「キザキノナタネ」より多収かつ早生のダブルロー(無エルシン酸で、かつグルコシノレート含有率が低い)である特性を明らかにし平成27年度に品種登録を行うこととした。
b) 初の寒地向けのダブルロー系統「東北101号」を開発するとともに、オレイン酸含量が子実含有油脂の75%前後を占める4系統を選抜した。
6次産業化推進に有用な雑穀、雑豆等の導入・評価に関しては、
a) ダッタンソバ「満天きらり」のルチン含量並びにルチン分解活性に地域間差があることを明らかにした。
b) ハトムギでは、小粒だが「あきしずく」より多収な系統を見出した。
c) 金ごま系統「関東17号」は、早生で萎ちょう病に強い特性を明らかにし、平成27年度に品種登録出願することとした。
d) ソバのフラボノール合成に関与が推定される遺伝子の塩基配列変異を多数確認した。ソバ一代雑種では元品種より20%程度多収となる可能性を見出した。
e) ダッタンソバ「九州D6号」は春まき栽培において早生で多収、また9月以降の秋まき栽培も可能であることから、品種候補として継続試験することとした。キクイモ遺伝資源では、調理法によりイヌリン含量が変化する可能性を見出した。
研究分担大潟直樹
協力分担関係鹿児島県大隅支場
小林食品(有)
小林食品(有)
佐渡農業改良指導センター
岩手農研プロジェクト推進室
秋田県雄勝地域振興局
産総研
東京農大
近畿大学
岩手大学
予算区分技会交付金研究 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム] 委託プロ・バリューチェーン[遺伝資源] 委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用] 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 技会・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)Acute and subacute toxicity studies on the rutin-rich Tartary buckwheat dough in experimental animals.
(2)Comparison of dry matter partitioning between the semi dwarf cultivar and the original cultivar in Tartary buckwheat
(3)comparative effects of sesame seeds differing in lignan contents and composition on fatty acid oxidation in rat liver
(4)秋田県及び新潟県(佐渡)におけるCoix属植物探索・収集
(5)Breeding of ‘Manten-Kirari’, a non-bitter and trace-rutinosidase variety of_x000D_
Tartary buckwheat (Fagopyrum tataricum Gaertn.)

(6)Influence of different LED lamps on the production of phenolic compounds in common and Tartary buckwheat sprouts
(7)Physiological Roles of Rutin in the Buckwheat Plant
(8)南西諸島の極強酸性土壌における牛ふん堆肥・豚ぷん堆肥施用によるソバの減化学肥料栽培
(9)Transcripts of Anthocyanidin Reductase and Leucoanthocyanidin Reductase and Measurement of Catechin and Epicatechin in Tartary Buckwheat
(10)Effects of light-emitting diodes on expression of phenylpropanoid biosynthetic genes and accumulation of phenylpropanoids in Fagopyrum tataricum sprouts_x000D_
(11)Discovery and genetic analysis of non-bitter Tartary buckwheat (Fagopyrum_x000D_
tataricum Gaertn.) with trace-rutinosidase activity

(12)Identification and Quantification of Volatile and Phenolic Compounds Composition in Buckwheat Sprouts by GC/MS and HPLC
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat