⑥ 動物の生体防御に関わる分子機構の解明

⑥ 動物の生体防御に関わる分子機構の解明

課題番号2014025645
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2011-2015
年度2014
研究問題2.農業生物に飛躍的な機能向上をもたらすための生命現象の解明と利用技術の開発
大課題(2)農作物や家畜等の生物機能の高度発揮に向けた生物間相互作用の解明と利用技術の開発
中課題⑥ 動物の生体防御に関わる分子機構の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.組織特異的マクロファージは異物認識や免疫応答の誘導など重要な生体防御機能を担う細胞として注目されている。これまでに肝臓や腎臓の混合培養系を用いて組織特異的マクロファージを簡易に繰り返して回収する新しい方法を開発した。本年度は子ブタの腎臓上皮系細胞を支持細胞にしてブタの末梢血由来マクロファージを増殖させ、約2か月にわたりマクロファージを高純度で繰り返して回収する手法を開発した。本手法を用いることで、ブタ個体を犠牲にすることなくマクロファージを簡便に取得でき、抗病性に関連する遺伝子の多型とその機能を解析するための有用な研究ツールとなる。
2.細菌のペプチドグリカン構成成分を認識し、全身の免疫応答の制御に関わっていることが知られているNOD1について、ブタの商用品種等で9箇所のアミノ酸置換を伴う多型を検出した。これらのうち、分子後半のロイシンリッチリピート内に存在する多型2箇所(G641E、D918N)が一般的な遺伝型のNOD1と比較して有意にリガンド認識能を低下させることを明らかにした。抗病性に関わる受容体遺伝子の多型とその機能が明らかになることで、抗病性に優れたブタの品種改良やより効率的なワクチン開発へつながると期待される。
3.動物生体防御研究ユニットが新機能素材研究開発ユニットとの共同で作製した抗WASPアフィニティー・シルクフィルムを用いたELISAプレートについて、抗原検出性能を評価した。アフィニティー・シルクフィルムでは標的タンパク質WASPを特異的に認識した一方で、対照群での非特異的吸着は低いレベルであった。フィルム状に加工した場合でも、抗体活性は室温で長期間にわたり保持され、アフィニティー・シルクフィルムを利用して疾患マーカーや病原体などの検査用キットの開発が期待される。
4.コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に作製したヒト角膜上皮モデルを用いて、眼刺激性試験法及び角膜透過性試験法を開発している。眼刺激性試験法については、国内3施設において2回のバリデーション試験(PhaseⅠ, Ⅱ)を実施した結果、試験法の施設内及び施設間再現性が良好であることが確認できた。角膜透過性試験法については、ヒト角膜上皮モデルの上側から化学物質を滴下した後に下側への透過量を経時的に測定する基盤技術を開発して、動物の角膜と同様に化学物質の分子量に応じた透過係数が得られることを確認した。
研究分担木谷 裕
竹澤 俊明
竹之内 敬人
佐藤 充
新開 浩樹
予算区分技会交付金研究 委託プロ・需要フロンティア[医薬品] 委託プロ・生産現場[低コスト] 文科省[科研費] 厚労省競争的資金
業績(1)Purinergic signaling via P2Y receptors up-mediates IL-6 production by liver macrophages/Kupffer cells
(2)Porcine NOD1 polymorphisms with impaired ligand recognition and their distribution in pig populations
(3)Extracellular ATP induces P2X7 receptor activation in mouse Kupffer cells, leading to release of IL-1β, HMGB1, and PGE2, decreased MHC class I expression and necrotic cell death
(4)Concise and broadly applicable method for determining the genomic sequences of North-American-type porcine reproductive and respiratory syndrome viruses in various clusters
(5)Development and evaluation of porcine atelocollagen vitrigel membrane with a spherical curve and transplantable artificial corneal endothelial grafts
(6)Establishment of c-myc-immortalized Kupffer cell line from a C57BL/6 mouse strain
(7)Anti-WASP intrabodies inhibit inflammatory responses induced by Toll-like receptors 3, 7, and 9, in macrophages
(8)Wild boars from Sweden, Austria, the Czech Republic and Japan possess intact mannose-binding lectin 2 (MBL2) genes
(9)Disease modifying effect of adiponectin in model of α-synucleinopathies
(10)Specific binding of the WASP N-terminal domain to Btk is critical for TLR2 signaling in macrophages
(11)Molecular characterization of porcine Siglec-10 and analysis of its expression in blood and tissues
(12)Regeneration of corneal epithelium utilizing a collagen vitrigel membrane in rabbit models for corneal stromal wound and limbal stem cell deficiency
(13)Extracellular ATP does not induce P2X7 receptor-dependent responses in cultured renal- and liver-derived swine macrophages
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217204
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat