道産米の国際競争力強化と持続的輪作体系の両立に向けた実証

道産米の国際競争力強化と持続的輪作体系の両立に向けた実証

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~27
年度2014
概要 北海道水田作地帯を対象とした低コスト排水改良技術の実証と技術マニュアルを策定する。南空知を主眼とし、米および畑作物の低コスト化に向けて、田畑輪換における無代かき・疎植水稲栽培技術による水稲の省力化、資材節減、収量向上を実証する。田畑輪換における子実用とうもろこし安定栽培技術と収穫機械の汎用利用を実証する。さらに、無代かき・疎植栽培技術、子実用ともろこしの経済性評価をおこなう。
研究分担中央生シ、中央水田、中央環保、中央品質
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat