加糖あん色に着目した製あん方法の開発とあん色評価法

加糖あん色に着目した製あん方法の開発とあん色評価法

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~27
年度2014
概要目的:少量あん練り機を活用し、産地や品種の異なる小豆、加糖量と練り時間によりどのような加糖あん色になるかの条件を明らかにし、品種選抜基準を策定する。、目指す成果とその活用策:小豆加糖あん色の品種間差が表れやすい条件を明らかにし、小豆における生あんと加糖あん色の関係を明らかにする。これにより、生あんによる加糖あん色推定法を開発し、中期世代系統の生産物を用いた生あん作成により、望まれる加糖あん色を有する小豆品種の開発に利用する。
研究分担研究部・豆類グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat