1 新品種育成試験  、(7) 道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発と生産安定化、 a パン・中華めん用小麦の開発促進と普及支援 、 (b) パン・中華めん用小麦の雨害耐性強化、  ③赤かび病抵抗性等の検定強化(春まき小麦)、

1 新品種育成試験  、(7) 道産小麦の需要を拡大する次世代品種の開発と生産安定化、 a パン・中華めん用小麦の開発促進と普及支援 、 (b) パン・中華めん用小麦の雨害耐性強化、  ③赤かび病抵抗性等の検定強化(春まき小麦)、

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継   平成25~27年
年度2014
概要1)試験目的:早い世代からのDNAマーカー選抜や抵抗性検定により、効率的に赤かび病抵抗性“やや強”以上でDON汚染程度が「春よ恋」より低い系統を選抜する。、 2)試験方法:DNAマーカーによる選抜が可能な3系交配F1においては、DNAマーカーを使って赤かび病抵抗性QTLが抵抗性型となる頻度を高める。初期世代(F4~F6)では、DNAマーカーによる選抜が可能な交配組合せにおいて、抵抗性QTLを保持している系統を選抜する。中期世代では、小規模生予供試系統のうち抵抗性QTLを保持している可能性のある系統について、遺伝子型を明らかにする。、 3)成績の概要:F1集団7組合せ315個体のDNAマーカー検定を行い遺伝子型により169個体を圃場で選抜した。初期世代、小規模生予系統においても抵抗性QTLを保有し、赤かび病抵抗性に優れる系統を選抜した。
研究分担研究部麦類グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217490
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat