アワビ類における再生産ボトルネックの解消と藻場ネットワークの再生による資源回復・生態系修復技術の開発(エゾアワビおよび藻場の再生産ネットワーク構造の解明と再生による資源造成技術の開発)

アワビ類における再生産ボトルネックの解消と藻場ネットワークの再生による資源回復・生態系修復技術の開発(エゾアワビおよび藻場の再生産ネットワーク構造の解明と再生による資源造成技術の開発)

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継、H25~H29
年度2014
概要アワビ類では親密度が再生産を維持できないまで減少していることから、親集団の造成・増強が必要とされているため、再生産ネットワークの構築に必要な遺伝情報による親子関係の判別手法を確立する。また、大規模な藻場造成が必要であり、そのための適地選定手法の開発およびその効果を評価することを目的とする。
研究分担資源増殖部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217678
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat