ホタテウロの利用技術開発

ホタテウロの利用技術開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部栽培水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完、H22~H26
年度2014
概要ホタテガイの中腸腺(ウロ)を主体に内臓物は全道で3万トン程度発生し、堆肥化や乾燥粉末化などに利用されているが、継続的処理の可能性が不透明であり、新たな処理方法の開発が要望されている。そこで、ホタテガイ内臓物からのカドミウム除去技術を改良し、付加価値の高い製品の製造技術を開発する。
研究分担調査研究部
予算区分受託(公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217711
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat