地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築

地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継26-30
年度2014
概要研究の目的:再生可能エネルギーなど地域に分散するエネルギー資源を有効に利活用するための技術・支援システムを開発し、フィ-ジビリティスタディ(FS)等を通じて地域の振興・活性化とエネルギー自給率向上を実現するための最適なエネルギー需給システムを構築・提案することを主な目的とする。、期待される成果:・地域が有するエネルギーの需要量に関する推定手法を構築する。地域のエネルギー収支を改善し新たな産業創生が可能となる各種要素技術を開発する。モデル地域・施設を対象に地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルを提案する。
研究分担バイオマスグループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030217868
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat