良食味夏秋イチゴ「なつあかり」による青森県高付加価値技術創出の実証モデル、1 プレミアムなつあかりの創出、(1)なつあかり果実高品質化のための要因解析、

良食味夏秋イチゴ「なつあかり」による青森県高付加価値技術創出の実証モデル、1 プレミアムなつあかりの創出、(1)なつあかり果実高品質化のための要因解析、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~27
年度2014
概要目的:プレミアムなつあかりを創出して、青森に夏秋イチゴの産地があることを全国に広く知ってもらい、知名度が定着することを目指す。おいしさと果実硬度の確保が可能な収穫時期の選定を行う。ここでは、果実の収穫期別の品質について検討する。、成果:なつあかりの品質のうち、硬度は、10分着色では7月以降から9月末まで、9分着色では盛夏期に、果実硬度が300gを下回り軟らかくなることから市場出荷用として可販品にはならない。糖酸比は、収穫開始から9月までは、9分着色に比べて10分着色で極めて高くなる。10月以降には9分着色でも比較的高くなる。
研究分担栽培部
予算区分県単
業績(1)四季成り性イチゴ品種「なつあかり」の臭気成分
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218006
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat