気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、1 特産野菜に発生する病害虫の高感度診断技術の開発と気象変動に適応した発生生態の解明、(1)病害虫診断と発生実態、 ア イチゴ病害の遺伝子診断と発生状況、

気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、1 特産野菜に発生する病害虫の高感度診断技術の開発と気象変動に適応した発生生態の解明、(1)病害虫診断と発生実態、 ア イチゴ病害の遺伝子診断と発生状況、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要目的:県内で栽培されるイチゴの主要病害の発生実態を調査するために、近年開発された遺伝子診断法の適応性を検証しながら調査をし、また主要な防除薬剤であるQoI剤に対する炭疽病の感受性検定も行い、本県の現状に即した病害防除技術を確立するための基礎資料とする。、成果:八戸産地では、炭疽病と萎凋病の発生が多く、萎黄病や線虫病は確認されなかった。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218037
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat