気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、2 クロルピクリン土壌くん蒸剤に頼らない土壌病害虫防除技術の開発、(2)殺菌剤及び殺虫剤の植溝混和による防除効果、イ ゴボウの土壌病害虫防除効果、、

気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、2 クロルピクリン土壌くん蒸剤に頼らない土壌病害虫防除技術の開発、(2)殺菌剤及び殺虫剤の植溝混和による防除効果、イ ゴボウの土壌病害虫防除効果、、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要目的:ゴボウの黒あざ病及びネグサレセンチュウに対し、殺菌剤と殺線虫剤を混合処理の防除効果と深さ40cmまでの薬剤の効果を検討する。、成果:ゴボウのネグサレセンチュウと黒あざ病の混発ほ場で、モンガリット粒剤とネマキック粒剤の混合散布は、対照のクロピク80と比較してやや劣るが無処理と比較して防除効果が認められ、実用性がある。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat