気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、4 特産野菜の優良種苗を活かすためのウイルス病害制御技術の開発、(1)ナガイモえそモザイク病制御技術の開発、 ウ 異なる症状のえそモザイクウイルス感染芋の一定温度条件下での病徴、

気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、4 特産野菜の優良種苗を活かすためのウイルス病害制御技術の開発、(1)ナガイモえそモザイク病制御技術の開発、 ウ 異なる症状のえそモザイクウイルス感染芋の一定温度条件下での病徴、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要目的:一定の温度で生育した弱毒ウイルス感染株がどのような病徴を示すか調査する。、成果:人工気象器内で生育したK08系統は高温になるにつれて症状が軽くなる傾向が見られた。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218052
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat