病害虫防除農薬開発、1 主要病害に対する新農薬の防除効果、(6)ヤマノイモの青かび病

病害虫防除農薬開発、1 主要病害に対する新農薬の防除効果、(6)ヤマノイモの青かび病

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要目的:マノイモの青かび病に対する新農薬の防除効果を検討し、農薬登録促進へ向けた基礎資料、並びに県防除指針改訂のための基礎資料とする。、成果:ヤマノイモの青かび病に対するホーマイ水和剤の200倍10分間種いも浸漬は、対照薬剤のベンレートT水和剤20の100倍液10分間浸漬と同等の効果が認められ、無処理区に対しても効果が認められた。実用性はあると考えられる。ICボルドー66D水和剤の2倍2秒間浸漬は、対照薬剤のベンレートT水和剤20の20倍2秒間浸漬より効果はやや劣るが、無処理区に対して効果が認められた。実用性はあると考えられる。いずれの薬剤も薬害は認められなかった。
研究分担病虫部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218064
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat