夏の陸奥湾活ほたてがい提供促進事業

夏の陸奥湾活ほたてがい提供促進事業

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~26
年度2014
概要 貝毒の機器分析移行に向けたデータの蓄積や毒化予測手法を開発し、観光シーズンである夏季の陸奥湾活ホタテガイの提供機会の拡大を図る。、 簡易分析法と毒化予測手法の開発を行った。平成27年3月に公定法となった機器分析(LC/MS/MS分析)法とより安価な簡易分析(HPLC分析)法との良好な相関が得られ、実用化の可能性が示された。
研究分担漁場環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat