受胎性を高める新たな牛胚形態評価法の確立

受胎性を高める新たな牛胚形態評価法の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H27
年度2014
概要【目的】牛体内胚移植において、胚の形態をより詳細に観察・分別し、融解後の生存率および移植による受胎率を調査することによって、新たな牛胚の形態評価法の開発ならびに胚移植による受胎率向上と生産コストの低減を図る。、【予定成果】凍結融解後の生存性に影響する胚の形態的な評価基準が明らかとなる。
研究分担家畜育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218402
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat