初乳給与量等が哺育育成期乳牛の増体とその後の産乳性に及ぼす影響の解明

初乳給与量等が哺育育成期乳牛の増体とその後の産乳性に及ぼす影響の解明

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~H29
年度2014
概要【目的】これまで、新生子牛への初乳給与は、初乳に含まれる免疫グロブリンの摂取による抗病性獲得の観点から重要性が論じられてきたが、近年、海外において、初乳に含まれる免疫グロブリン以外の成分が、育成期の増体に影響を及ぼし、さらには、その後の産乳性に貢献しているとする試験研究成果が発表されている。、そこで、同様の試験を実施し、初乳給与量等が哺育育成期乳牛の発育と将来の乳量に及ぼす影響を検証。、【予定成果】初乳給与量等が哺育育成期乳牛の発育と将来の乳量に及ぼす影響が明らかになる。
研究分担家畜飼養・飼料研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218412
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat