コンテナ苗等を活用した育林初期経費の低減技術の開発

コンテナ苗等を活用した育林初期経費の低減技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-30
年度2014
概要【目的】、 本県の森林環境にあった低コスト施業体系を構築するため、植栽密度を変えたり、下刈りを削減した場合の初期成長調査を行うとともに、コンテナ苗の生育特性などを明らかにし、コンテナ苗造林技術を開発する。、【計画】、・植栽密度を変えた造林地での成長量調査による植栽密度の影響を評価する。、・コンテナ苗、従来苗の成長を比較する。、・コンテナ苗の植栽時期を変えた植栽適期を検討する。、・サイズの異なるコンテナ苗の植栽試験による苗木規格を検討する。、・造林初期のコストを削減する育林技術指針を策定する。
研究分担研究部
予算区分県単
業績(1)植栽密度がスギの成長に及ぼす影響、 -植栽10年目の調査結果-
(2)カラマツコンテナ苗の育苗密度が苗木のサイズと植栽後の成長に及ぼす影響
(3)下刈り省略下でスギ稚樹が示す樹形アロメトリーの経年変化
(4)植栽密度がスギの植栽後10年間の成長に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218439
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat