食料生産地域再生のための先端技術展開事業「施設園芸栽培の省力化・高品質化実証研究」

食料生産地域再生のための先端技術展開事業「施設園芸栽培の省力化・高品質化実証研究」

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~29
年度2014
概要目的:被災地の生産者が活用可能な高度な先進的生産システムを被災地域内で実証し、栽培管理・情報利用の高度化技術の体系的な確立を進める。これにより、被災地における園芸生産の一日も早い生産再開を促すだけでなく、当該地域を最先端の園芸施設が集積する新しい食料生産モデル基地として再生することを目指す。、期待される成果:産官学の総力を結集して先端的ハードウェア技術や栽培方法を最適化し、施設園芸に関する先端技術を集中的に展開することで、経営体のコストが低減し、作業効率及び収益率が向上する。
研究分担園芸栽培部
予算区分受託(国立研究開発法人)
業績(1)イチゴ超促成栽培における定植時期とクラウン温度制御が生育と収量に及ぼす影響
(2)紫外線照射(UV-B)によるイチゴ病害抑制効果
(3)アシグロハモグリバエのLED光源に対する定位パターン
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat