食料生産地域再生のための先端技術展開事業「被災地の復興に資する新品種、新技術を活用した果樹生産・利用技術の実証研究」

食料生産地域再生のための先端技術展開事業「被災地の復興に資する新品種、新技術を活用した果樹生産・利用技術の実証研究」

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~29
年度2014
概要目的:早期結実年性があり、高収益が期待できるブドウやキウイフルーツについて、雨水とソーラーモジュールによる発電電力を活用した日射量対応型灌水システムを用いた根域制限栽培法を確立する。また、加工適性、健康機能性を有する小果樹類や新しいクリ品種「ぽろたん」について、6次産業化に向けた市場動向調査や加工商品の試作検討を行う。、期待される成果:①新たな根域制限栽培システムの確立により、津波被災地の早期の営農再開が可能となる。日射量対応型灌水システムの利用により、省力的で低コストな農業生産が可能となる。6次産業化により地域雇用が創出され、雇用の安定化や新商品の開発、被災地の農業の活性化につながる。
研究分担園芸栽培部
予算区分受託(国立研究開発法人)
業績(1)レッドカーランツの省力樹形と市場性評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat