樹園地を中心とした放射性物質の動態把握および果実への吸収抑制等対策技術の確立

樹園地を中心とした放射性物質の動態把握および果実への吸収抑制等対策技術の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~28
年度2014
概要目的:県内農地の土壌中の交換態放射性セシウム濃度の分布調査を行い、作物への吸収抑制対策が必要となる地域の特定を行う。また、放射性セシウム基準値超過の可能性のある品目(ブルーベリー、カキ、ユズ等)について、移行経路と吸収抑制対策を検討する。、期待される成果:県内の交換態放射性セシウムを含む土壌分布について知見が得られる。放射性セシウム基準値超過事例のある、または超過の可能性のある品目について、吸収抑制対策が確立し、より安全な農産物の生産が可能になる。
研究分担園芸環境部
予算区分県単
業績(1)ブルーベリーの放射性セシウム吸収特性
(2)ホウレンソウの品種・播種時期の違いがルテイン含有量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat