耐冷性やいもち病抵抗性を強化した東北オリジナル業務・加工用多収品種の開発 

耐冷性やいもち病抵抗性を強化した東北オリジナル業務・加工用多収品種の開発 

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要<目的>、 食生活の多様化や国産飼料の需要の高まりにより安価な業務,飼料,加工用米品種が求められている。業務用米については,中食・外食産業で必要とされる大口需要に応えるためには,一定の生産量を安定的に確保する必要があり,栽培特性や広域適応性に優れた品種の開発が重要となる。本研究では,耐冷性といもち病抵抗性を強化した東北中南部向け多収水稲品種(業務,飼料,加工用)の開発と栽培マニュアルを作成することを目的とする。               <成果>、 「東北206号,209号,210号,214号,215号」の5系統の生育,玄米収量および各種特性を評価した。精玄米重は「東北206号,215号」が「ひとめぼれ」にやや優った。「東北209号,215号」の玄米千粒重はひとめぼれより大きく,「東北210号」の玄米千粒重が19.7gと小さかった。各種特性は,「東北209号,214号,215号」はいもち病抵抗性が強以上となった。「東北210号」は食味が総合値で「ひとめぼれ」に優った。新配付系統として,「東北219号,220号,221号,222号」の4系統を選抜した。「東北219号」は,「ひとめぼれ」に比べて,玄米千粒重はやや大きく,精玄米重はやや多く,玄米品質,食味は同程度である。「東北220号」は,「ひとめぼれ」に比べて,玄米千粒重はやや大きく,精玄米重はやや多く,玄米品質は優り高温登熟性に優れ,食味は同程度である。「東北221号」は,「ひとめぼれ」に比べて,精玄米重は多く,玄米品質は同程度,食味はやや劣り,いもち病抵抗性は葉いもち,穂いもちとも“強”であった。「東北222号」は,「ひとめぼれ」に比べて,出穂期が10日,成熟期が12日遅い“極晩生”で,玄米千粒重は20.7gと小さいが,精玄米重は多く,玄米品質,食味は優る。、 「東北211号,216号」の2系統の生育,玄米収量および各種特性を評価した。精玄米重は「東北211号」は「げんきまる」対比107%と多かったが,「東北216号」は「げんきまる」と同程度となった。、 「東北酒217号,東北酒218号」の2系統の生育,玄米収量および各種特性を評価した。精玄米重は「東北酒217号」が蔵の華対比109%,「東北酒218号」が103%と多かった。酒造適性については,宮城産技センターにて調査中である。、
研究分担作物育種部・水田利用部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218552
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat