寒冷地水田における飼料用稲-麦二毛作体系の開発と実証

寒冷地水田における飼料用稲-麦二毛作体系の開発と実証

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~26
年度2014
概要<目的>、 水田における自給飼料の一つとして,寒冷地水田における麦類(大麦、ライ麦、ライ小麦等)の収穫ステージ,収穫方法による収量性及び発酵粗飼料の品質への影響を解明する。また,飼料用稲栽培と飼料用麦類の収穫作業の分散・平準化を図るため,稲-麦二毛作体系における水稲と麦類の品種や収穫方法の組み合せを検討し,この最適品種の組み合せについて,コントラクターを活用した稲-麦二毛作体系を飼料用稲栽培が定着している現地転作団地で実証する。さらに,飼料用稲の漏生による食用米への混入リスクを軽減・回避する技術として,茎葉蓄積型専用品種を用いた省力的移植栽培や乾直栽培技術を検討し,水田輪作団地への飼料用稲の導入方策を検討する。、<成果>、 堆肥1.5tと慣行基肥に硫安追肥1回を基本として、移植を中心とすれば稲麦WCS2毛作1.6t/10aの収量が可能となる。稲ー麦二毛作の標準可能作業面積は、10月下旬播種の大麦と5月下旬の乾直に移植を加えた水稲によって作業的には約13ha程度とされた。 、 リーフスターにおいて,移植時期は5月中旬移植が適当だと考えられ,それよりも早ければ稔実率の増加,遅ければ低収の可能性がある。栽植様式では,栽植密度よりも植付本数が茎数や収量への影響が大きい。追肥時期は生育中期以降に行うことで増収効果が高い。堆肥活用による低コスト栽培の場合は,堆肥のみでは窒素供給が不足するため基肥に化成肥料を入れ,植物体窒素吸収量が14g/㎡以上となるような管理が一定収量確保には必要である。、 乾田直播栽培では,播種時期は稲-麦二毛作体系の大麦収穫後の播種を想定した5月下旬播種まで時期が遅れても収量に影響を与えないと考えられ,播種量は4kg/10a以上で安定した収量を確保できると考えられた。また,施肥では移植栽培と同様に生育中期の追肥や、基肥に緩効性肥料を施用することも収量増加に有効と考えられた。、
研究分担水田利用部
予算区分受託(農水省)
業績(1)飼料用稲品種「リーフスター」のイネWCS栽培における疎植および堆肥活用の影響,
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218559
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat