重イオンビーム照射による塩害耐性イネの開発

重イオンビーム照射による塩害耐性イネの開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要<目的>、 東日本大震災の津波により海水が浸水した被災水田において,県水稲奨励品種及び既存の耐塩性変異系統を作付けし,その耐塩性を評価する。また,既存の耐塩性変異系統を育種母本として利用,あるいは,イオンビーム育種法を用いて宮城県オリジナルの耐塩性水稲品種を開発する。               <成果>、 塩水処理した試験区は,対照区に比べて出穂期が1~2日遅れ,稈長の抑制,玄米重や千粒重の低下が見られた。「ひとめぼれ」由来の変異系統のうち,「東1575」は稈長,玄米重,全重で無処理区比で優り,葉身の枯れ程度が少なく,「東1580」は玄米重,全重が優り,葉身の枯れ程度が少なく,「東1581」は葉身の枯れ程度は原品種よりも高かったが,稈長,玄米重,全重の点で原品種よりも優れると考えられ,以上の3系統が有望と考えられた。一方,「東1577」は玄米重,千粒重が低く,原品種に比べて明らかに劣っていた。また,「まなむすめ」由来の変異系統では,「東1583」が稈長,玄米重,全重の点で,原品種より優れ,やや有望と考えられた。 、 「ひとめぼれ」由来の変異系統では,「東1577」が玄米重や千粒重が低く,玄米品質が白濁し,原品種とは明らかに異なった。「まなむすめ」由来の系統については,「東1582」で耐冷性検定での不稔率が高く,耐冷性を喪失していた。また,「東1582」,「東1584」の2系統は,系統養成において,出穂期や稈長の分離が観察された。それ以外の系統は,原品種と比較して,ほぼ同程度であった。、 被災水田(石巻市北上)での評価では、 稈長の抑制が一部見られ,一部の品種においても下葉の枯れ上がり症状が観察された。「ひとめぼれ」由来の変異系統では,「ひとめぼれ」に比べて稈長は長く,玄米重も東1577を除き,全ての系統が上回った。特に「東1573,1575,1578,1579,1581」は20%を上回った。「まなむすめ」由来の変異系統については,「東1583」が稈長は同程度だったが,玄米重が1g程度大きく,玄米収量が原品種を上回った。、
研究分担作物育種部
予算区分受託(農水省)
業績(1)新規耐塩性飼料用水稲系統「関東飼265号」の津波被災水田における評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218568
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat