土地利用型作物における放射性セシウムの移行係数の解析と吸収抑制技術の開発:そば 、 

土地利用型作物における放射性セシウムの移行係数の解析と吸収抑制技術の開発:そば 、 

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要<目的>、 作物への放射性Csの移行係数の解析と吸収抑制技術の開発で明らかになった吸収抑制技術の最適化を図ると同時に,放射性Cs吸収に関与するそれ以外の要因を調べ,それに基づく移行低減技術を確立するとともに,移行係数の年次変動を解明する。              <成果>、 土壌中の交換性カリ含有量が多いと玄ソバ中の放射性Cs濃度は低くなる。ソバにおける放射性Cs吸収抑制技術として基肥のカリ増肥は有効であり,作付後土壌の交換性カリ含有量が30mg/100g乾土以上では,玄ソバ中の放射性Cs濃度は20Bq未満と低く抑えられる。、
研究分担水田利用部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218573
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat