被災動物の包括的線量評価事業               

被災動物の包括的線量評価事業               

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~26  
年度2014
概要目的:牛において,放射性セシウムに汚染された粗飼料を給与,または放牧することにより,放射性セシウムの体内蓄積及び排泄における動態を明らかにする。、結果:汚染粗飼料の給与は生体の計数率(cps)を上昇させ,その後正常な粗飼料を給与することにより減少した。育成牛の生物学的半減期は,本試験により25.3日と推定された。また放牧することにより体内の蓄積が約10cps上昇した。
研究分担酪農肉牛部
予算区分受託、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat