黒毛和種牛肉の食味向上を実現する膨潤飼料米発酵・利用技術の実証

黒毛和種牛肉の食味向上を実現する膨潤飼料米発酵・利用技術の実証

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H26~H27(H26補正→H27継続→H27終了)
年度2014
概要目的:コスト削減を図った飼料用米を減量とする新規飼料(高BAGA生産乳酸菌添加膨潤飼料米および酒粕入り膨潤飼料米)の肥育牛への給与技術体系を確立し,コスト削減並びに牛肉の食味向上を実現する。、成果:現地給与実証農家1戸において,黒毛和種去勢肥育牛を各区4頭ずつ配置し,新規飼料を1kg/頭/日給与設定とし,出荷まで6ヶ月間以上給与する。試験区分は対照区(通常の膨潤飼料米給与),GABA区(高BAGA生産乳酸菌添加膨潤飼料米給与)および酒粕区(酒粕入り膨潤飼料米)の3区を設定。各区とも牛の嗜好性は良好であり,飼料保管において,カビ,変敗等による劣化もみられていない。サンプリング等については,試験の開始時,中間時および終了時に体尺測定および採血を実施。また,出荷・と畜後に枝肉サンプルを収集し分析に供するとともに,消費者型官能評価を行い食味に関してデータを収集する予定。現在は,各区とも給与試験進行中。
研究分担酪農肉牛部
予算区分受託  (補助金)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218589
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat