DNA多型マーカーと家畜の生産形質及び遺伝的疾患等との関連に関する研究(豚)

DNA多型マーカーと家畜の生産形質及び遺伝的疾患等との関連に関する研究(豚)

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H8~
年度2014
概要目的:当場系統豚(D種・L種)選抜集団について,出現する遺伝的疾患や生産形質に関連するといわれるDNA多型マーカーを調査し,各形質等との連関解析を行うことにより,より効率的な種畜の生産体制を確立する。、成果:一般市場豚(三元交雑種、合成豚等、および黒豚)と「しもふりレッド」豚肉を判別するPCR-SSP法は,加工肉およびしもふりレッド由来と表示している銘柄豚精肉を用いた試験により,これらの検体は,「しもふりレッド」由来であることが示唆されたことから,判別法として加工肉にも有効であることが示唆された。
研究分担種豚家きん部
予算区分県単
業績(1)デュロック種における精液性状の遺伝的パラメーターの推定および雌の繁殖形質との遺伝的関連性
(2)3 Genetic selection for resistance to mycoplasmal pneumonia of swine (MPS) in the Landrace line influences the expression of soluble factors in blood after MPS vaccine sensitization
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218591
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat