飼料用の稲麦二毛作体系を基軸とした持続的な飼料生産技術の開発

飼料用の稲麦二毛作体系を基軸とした持続的な飼料生産技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~26
年度2014
概要目的:水田の利用形態に沿った飼料用稲・飼料用麦の栽培技術を開発するために,現地水田の高度利用を踏まえ,飼料用稲と飼料用麦の年間作付体系の確立を図る。、成果:品種比較では2条大麦及びライ麦1品種で雪腐れが発生収量が低下した。ダイレクト収穫体系では,サイレージは高水分となったが,越夏による品質低下は見られず良好な発酵であった。
研究分担草地飼料部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218600
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat