放射性物質による農畜産物・牧草・土壌への影響の検証

放射性物質による農畜産物・牧草・土壌への影響の検証

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~26
年度2014
概要目的:原発事故による放射性物質汚染の影響を把握し牧草等への移行軽減技術を検討する。             成果:施肥の量・時期を変更しても牧草中の放射性セシウムに関して差は見られなかった。土壌層位20cm以下に高濃度汚染されたリター層が土塊状に埋却された圃場では,牧草の放射性セシウムは高い値となった。 スペクトロサーベイメーターを利用して簡易にラップサイレージ中の牧草RCs濃度を推定することが可能であると示唆された。
研究分担草地飼料部
予算区分国庫補助金(農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218601
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat