自給飼料生産における放射性物質の移行低減技術検討

自給飼料生産における放射性物質の移行低減技術検討

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:東京電力福島第一原発事故により放射性性物質汚染が発生。飼料と土壌の循環生産の中で、汚染たい肥から飼料作物への放射性物質移行低減技術を検討。、成果:場内ほ場において汚染たい肥を施用して飼料用トウモロコシやオーチャードグラスを栽培したところ,堆肥へのゼオライトあるいはプルシアンブルーの添加により,放射性Cs濃度は低下する傾向が見られ,今後,持続性を確認する。
研究分担草地飼料部
予算区分県単
業績(1)堆肥調製時のゼオライト及びプルシアンブルー添加が牧草への放射性セシウム移行低減に及ぼす効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218602
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat