地域内有機質資源の肥料成分のフル活用による持続的農業生産技術の推進

地域内有機質資源の肥料成分のフル活用による持続的農業生産技術の推進

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~28
年度2014
概要目的:地域内有機質資源(堆肥)を化学肥料代替として利用するとともに、窒素利用率の高い施肥法と組み合わせることにより、環境負荷軽減と安定生産を両立させた施肥技術を検討する。                                    成果:ネギ栽培では、堆肥の肥料代替量を元に化学肥料を減肥しても収量に影響の無いことを、場内試験と現地試験で示した。水稲作では、窒素利用効率の高い粒状の被覆窒素肥料(側条施肥)4kgN/10aに対し、肥料成分の多い豚糞主体堆肥500kg/10a(原物、全層施用)を上乗せすると、県の目標収量(570kg/10a)を確保できることを場内試験と現地試験で示した。
研究分担生産環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218670
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat