露地園芸技術の実証研究

露地園芸技術の実証研究

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~27
年度2014
概要目的:アスパラガスの高畝栽培により生育を確保し、早期収穫開始と収量の向上を図る。                                    成果:アスパラガスの高畝、大苗を用いた露地長期どり栽培技術の定植3年目の生育では、高畝は平畝に比べ定植3年目の春芽の可販収量は高かった。しかし、夏芽の可販収量は平畝に比べやや低くかった。乾燥が影響しているものと考えられ、収量確保にはかん水は必須であった。大苗のポット苗を5月中旬に定植することで定植翌年の春芽から収穫が可能となり、収穫開始から2ヵ年を通し、年間800kg/10a以上の収量を安定して得ることができた。
研究分担野菜花き部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat