より効率的な土壌浄化を可能とする新規カドミウム高吸収イネ品種の開発と栽培技術確立

より効率的な土壌浄化を可能とする新規カドミウム高吸収イネ品種の開発と栽培技術確立

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~28
年度2014
概要目的:カドミウム(Cd)で汚染された土壌を修復するためのファイトレメディエーション技術に適した難脱粒・耐倒伏性を有するCd高吸収稲品種・系統を、DNAマーカー育種技術を用いて開発する。また、開発した品種・系統を気象や土壌条件の異なる地域で栽培し、栽培特性や品種特性を評価し、地域の栽培条件に適した品種・系統を選抜する。                              成果:農環研育成系統はいずれも耐倒伏性が高かった。品種によって地上部乾物重に差が見られたが、脱粒性・耐倒伏性が改善されていた。Cd高吸収系統は脱粒性が認められず、地上部乾物重は長香穀よりも重かった。
研究分担生産環境部、作物部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218683
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat