マンノビオースが比内地鶏の発育に及ぼす影響の解明

マンノビオースが比内地鶏の発育に及ぼす影響の解明

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新、(H27)、
年度2014
概要研究の目的、近年、配合飼料の高止まりにより、生産者の収益が減少している。、 生産コスト削減のためには、生産性を改善する必要がある。、 マンノビオースはヤシ粕を酵素処理した天然の飼料機能材であり、これまでブロイラーへ給与することによって、筋肉タンパク質の合成が促進され、筋肉重量が増加することが報告されている。、 しかしながら、発育が遅い地鶏への効果は明らかとなっていない。、 そこで、本研究では、マンノビオースが比内地鶏の発育へ及ぼす影響を明らかにする。、試験計画、1)発育試験、  マンノビオースを0.2%添加した飼料を異なる期間給与し、発育等への効果を調査する。、2)飼料摂取調節物質および筋肉分析、  視床下部および筋肉を採材し、飼料摂取調節および筋肉重量に及ぼす影響を解明する。
研究分担比内地鶏研究部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218741
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat