DNAマーカーを利用したおうとう自家和合性品種・系統の開発

DNAマーカーを利用したおうとう自家和合性品種・系統の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~H26
年度2014
概要・自家和合性となる交雑を2組合せ行い、368個の交雑実生を獲得した。また、DNAマーカーにより134個体の自家和合性個体を選抜した。、・自家和合性の一次選抜候補系統として2系統を選抜した。、・自家和合性遺伝子(S4’-SFB)のDNAマーカーを開発した。、・H25に開発したおうとう自家不和合性遺伝子(S遺伝子)の判定法は交配試験を行い、判定として正しいことを確認した。、・昨年に引き続き、新たに18品種・系統のS遺伝子型を明らかにし、これまで164品種・系統のS遺伝子型が明らかとなった。
研究分担バイオ育種部
予算区分委託(農水省)
業績(1)オウトウ自家和合性遺伝子検出技術の開発とオウトウの交雑不和合群の分類、
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218815
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat