新規ゲノム情報を活用した果樹DNAマーカー選抜育種法の開発

新規ゲノム情報を活用した果樹DNAマーカー選抜育種法の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H28
年度2014
概要・前年度まで収穫期の早晩性に関わるDNAマーカーが見出されたが、今年度も安定して早晩性を推定することが可能であった。H25,26交雑の281個体で早生形質を有する131個体を選抜した。、・前年度まで肉質のマーカーを推定したが、2実生集団で確認したところ、肉質を推定する可能性が示唆された。、・近年おうとうの果実重に関するDNAマーカーが開発されたが、1実生集団で確認したところ既報のマーカーが果実重のマーカーとして使用可能であった。、・着色性の評価は、分光色差計を用いアントシアニン含有量を推定することができた。
研究分担バイオ育種部
予算区分県単
業績(1)オウトウの果肉色に関するDNAマーカーの開発と利用、、
(2)オウトウの果肉色に関するASPマーカーの開発
(3)オウトウ育種におけるDNAマーカー開発と利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218817
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat