環境保全効果を高める取組みに関する調査

環境保全効果を高める取組みに関する調査

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要・すいかへの緑肥の導入事例と、好適な播種時期を検討した。現地では、病害対策として緑肥を導入している事例があり、ギニアグラスを導入し、すき込みされる乾物量は0.9t/10aであった。 すいかへの緑肥を導入を想定し、3品種の緑肥の播種時期を検討したところ、6月中の施肥では播種時期が早いほど乾物収量が多くなる傾向であり、‘ソイルクリーン’の乾物収量が最も多かった。
研究分担園芸環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218846
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat