水田転換畑における大豆生産基盤を改善する営農技術開発

水田転換畑における大豆生産基盤を改善する営農技術開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25-26
年度2014
概要目的:低コストで簡易な暗渠施工技術と、水稲作付け時のための耕盤復元技術を構築する。                                                                           成果:簡易暗渠が施工された圃場は、2年目でも地下水位は低く保たれ、排水性は高かった。また、耕起時の砕土率も高かった。各圃場で小畝立て深層施肥播種による発芽率向上、収量増加は確認出来なかったが、しわ粒の発生が軽減された。大豆作付け前にサブソイラを使用して後作に水稲を作付する場合、水稲作付前に土壌水分30%程度でトラクターの時速1.6kn/hで耕起すれば、水稲連作圃場と同様の減水深を確保でき、水稲栽培に影響しなかった。
研究分担水田農試水稲部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218858
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat