果樹病害虫の防除法改善に関する試験、Ⅰ 難防除病害虫の防除法確立試験

果樹病害虫の防除法改善に関する試験、Ⅰ 難防除病害虫の防除法確立試験

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~H26
年度2014
概要目的:異常気象等により果樹病害虫をとりまく環境は年々変化し、現在の防除法で対応困難な事例や新奇病害虫の発生がみられる。こうした状況に対応するため新たな防除法を確立する。、成果:近年、モモの落葉時期が遅くなる傾向にあることから、モモせん孔細菌病の秋期感染の時期が従来よりも拡大している可能性がある。そこで、秋期に摘葉時期と菌の接種時期を変えた処理を行って翌年の春型枝病斑の発生を調査し、秋期の枝への感染がは、9月上旬からこれまでの知見よりも遅い11月上旬まで確認した。
研究分担果樹研究所病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218957
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat