汎用化水田における排水管理技術の確立

汎用化水田における排水管理技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~H26
年度2014
概要目的:汎用化水田の排水対策工法を比較し、福島県内の土壌に適した排水対策技術を確立する。、成果:FOEAS及び暗渠改良かんがい工を設置したほ場では、適切な土壌水分調整が可能となり、特に干ばつの状況下においては、大豆の生育に対する地下かんがいの有効性を確認できた。粒大はFOEAS区及び暗渠改良区で大粒が多く精子実重は増収となる。さらに、等級については、FOEAS区が他の処理区より優れることを明らかにした。
研究分担企画経営部経営・農作業科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030218965
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat