県オリジナル品種の優良原種苗生産技術の開発、Ⅰ 高品質な優良種苗・系統生産技術の開発

県オリジナル品種の優良原種苗生産技術の開発、Ⅰ 高品質な優良種苗・系統生産技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~H26
年度2014
概要目的:HBカラーの種苗生産を安定的・効率的に実施するための増殖技術や無病化技術を開発する。、成果:HBカラーは球根で増殖するためウイルス感染による生育不良や品質低下が懸念されるが、ウイルス(Potyvirus)に罹病した球根より得た茎頂を培養し、得られた個体をRT-PCR法で検定することにより、ウイルスフリー化が可能である(対象とするウイルスはPotyvirusのサトイモモザイクウイルスおよびコンニャクモザイクウイルスである)。
研究分担作物園芸部品種開発科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219013
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat