機械除草技術を中核とした水稲有機栽培システムの確立と実用化

機械除草技術を中核とした水稲有機栽培システムの確立と実用化

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H27
年度2014
概要目的:水稲の有機栽培では、栽培条件により抑草効果に差が大きいことが問題となっている。、 そこで、高精度水田用除草機、菜種油粕の移植時株間散布等を組み合わせた除草法に関する試験を行う。、成果:側条施肥装置を改造して菜種油粕ペレットを用いることにより、5.0~6.0kg/aの移植時株間表面散布、機械除草時追加散布が可能となる。、なお、本年は、当センター内の水田での試験では、57kg/a以上の坪刈り収量が得られたが、現地実証試験では欠株が課題となり、対応方策を提示した。
研究分担作物園芸部稲作科、浜地域研究所
予算区分受託((独)中央農研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219025
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat