放射性物質吸収抑制技術の開発、Ⅵ 高濃度汚染地域における農地土壌除染技術体系の構築・実証(ホットスポット水田の除染技術)、1 放射性物質吸収抑制技術の開発

放射性物質吸収抑制技術の開発、Ⅵ 高濃度汚染地域における農地土壌除染技術体系の構築・実証(ホットスポット水田の除染技術)、1 放射性物質吸収抑制技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~H26
年度2014
概要目的:平成23年産の玄米で高い放射性セシウムが検出された高濃度汚染地域の現地ほ場でカリ施肥やゼオライト、バーミキュライト等の吸着資材施用による可食部中の放射性セシウム吸収抑制効果を検証する。、成果:塩化カリの短期的なカリウムイオン供給能とバーミキュライトの長期的なカリウムイオン供給能を組み合わせることにより、より効果的で持続的な玄米中放射性セシウム吸収抑制効果が期待できる。、(留意事項)、(1)今回の結果は、中通り地方北部の現地試験ほ場(灰色低地土および多湿黒ボク土)で得たものである。、(2)バーミキュライトは平成24年の作付け前に施用した。、(3)カリウムイオンの供給能力は使用するバーミキュライトの産地等により変動する。
研究分担生産環境部環境・作物栄養科
予算区分国庫補助(復興庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat