最先端種苗産業確立のための野菜苗生産技術実証研究、Ⅳ 苗生産における放射性物質のリスクマネジメント

最先端種苗産業確立のための野菜苗生産技術実証研究、Ⅳ 苗生産における放射性物質のリスクマネジメント

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H27
年度2014
概要目的:水中放射性セシウム除去システム通過後の浄化水が、植物体の生育や収量に与える影響を確認する。、成果:水中Cs137濃度0.338~0.403Bq/kgの水を用いてトマトを育苗した結果、水中の放射性セシウム除去システム処理により苗のCs137は不検出となる。また、底面給水マットの使用により頭上灌水に比べ苗のCs137濃度は低減可能である。さらに、放射性セシウム除去システム通過後の浄化水を用いてキュウリを育苗した場合、苗および定植後の生育に影響がないことを明らかにした。
研究分担作物園芸部野菜科
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219066
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat