山菜等の汚染実態の把握と移行低減技術

山菜等の汚染実態の把握と移行低減技術

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H26
年度2014
概要目的;放射性セシウムに汚染された土壌に生育する山菜類に含まれる放射性セシウムの関係を明らかにするために、実態調査を行った。また、あく抜きによる低減効果についても確認した。、成果:地下茎からワラビへの移行係数は0.87~10.68であった。あく抜きでは3時間で85%以上の減少となった。
研究分担林産資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030219084
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat